TEL 0995-62-8317

〒899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田3722-1

© 2016 FUTUHARA

「住みごこち」それは、家づくりでいちばん大切なこと。

「ソーラーサーキット」=「外断熱・二重通気」。
夏さわやかで、冬暖かい住みごこちを実現します。

高性能住宅:ソーラーサーキットの家とは

​お客様にお伝えしたい、たった一つの事。

ソーラーサーキットの家は年間を通して

快適で住みごこちの良い家をご提供いたします。

もう少し詳しくご説明すると

家における「快適さ、住みごこち」とは具体的には何のことでしょうか?

それは室内温度、湿度、空気環境です。もっと簡単に言うと、夏はカラッと涼しく。冬は乾燥しすぎず暖かであるということ。

「ソーラーサーキット」は、「外断熱」と「二重通気」を組み合わせた、独自に開発された技術です。


 「外断熱」とは、家全体を断熱材で包むことで躯体の断熱性能を高める、冬季に適した技術です。

 「二重通気」は、躯体の中に設けた二重の通気層を使って気流をつくることで室内の熱や湿気を調節する、夏季に適した技術です。

つまり、二つを組み合わせることで、夏も冬も季節を問わずいつでも快適な住みごこちを実現したのが「高性能住宅:ソーラーサーキットの家」なのです。

二つの技術を融合させた時、大切な役割をはたすのが、床下と小屋裏にそれぞれ設けた開閉ダンパーです。

このダンパーを開けたり閉めたりすることで、室温や湿度を調節します。

 

たとえば夏なら、さわやかな空気が流れ込むようにダンパーを開く。

冬なら、あたたかい熱が家の中から逃げないようにダンパーを閉める、

 

といった具合です。

 

太陽光や風など、自然のエネルギーを利用した技術なので、肌にも心にも気持ちよく、また省エネの効果も期待できます。

もっと詳しく知りたい方へ

ソーラーサーキット(SC工法)についてのより詳しい説明、施行例、お客様の声をご覧いただけます。

株式会社フツハラは「家づくり」を模索する中、鹿児島県内でいち早くソーラーサーキット工法に注目、工SC工法の素晴らしさを身を持って体験し、普及に努めています。

ソーラーサーキット(SC工法)の素晴らしさを体験していただくために、自社にてモデルハウスを作成。

​昼間にちょっと見ただけではわからない、実際の生活の中にある「住みごこち」を体感ください。